ウイリー&まめぞう

           Mダックスのウイリーお兄ちゃんとジャックラッセルのまめぞう。 毛色も性格も正反対の二匹の奮闘犬育て日記。 ワンコ服は、左下カテゴリーの ういまめshopからどうぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミューちゃん。

6月19日のお昼ごろ、ウイリーの娘、ねねのお家の愛犬、
ミュー(シーズー)が天国へ旅立ちました。
16歳と半月でした。
ミューは、強くて、賢くて、本当に手のかからないワンコだったらしいです。
そして、最期も、ほんの隙に眠るように逝ったらしいです。
ミューはシータと姉妹で、ねね母は、ここ1.2年、2匹と共に
病気と闘ってきました。
食欲がなくなっていく2匹に、お肉や野菜でスープをとり、何とか
食べてくれるように工夫したり、何度も病院へ走ったり・・・。
ねね母は、そうする事が2匹にとって、いい事なのか、かなりの
葛藤があったと思います。
ここの所は、眠っている2匹が、息をしているのか、確認することが
日常になってたと。
どんなに、怖くて、辛いことでしょう。
さまざまな意見があると思いますが、ういまめは、犬が生きようと
している限り、側で、出来る限りのことをしてあげるのは、延命治療にはならないと思います。
飼主としても、犬としても、その日が来るまで・・・。
悲しくて、心がはりさけそうな、ねね母を励ますことが、ういまめは
出来ませんでした。
例え、20歳まで生きたとしても、亡くなることは、悲しいはずです。
思い出も、その分多い・・・
ただ、出来る限りのことはした、という思いが、救いにはなってくれると信じてます。

ペットロス。

数年前、ウイリーが原因不明の吐血を、半月繰り返し、治った時、
ピンっとはりつめていた心が緩んだのか、身体のバランスが崩れてしまった弱いういまめには、避けては通れないのかもしれません。
犬は犬、そういう飼い方の方がいいのかと、考えもしました。
けれど、やはり、ういまめにとっては、家族なのです。

愛犬は、飼主が天国へ行った時、迎えにきてくれるらしいと、本で読み
その事を、ねね母に伝えました。
いつの日か、また、会える。
だから、ねね母、今は、沢山泣いていいよ。

ミューに、ありがとう・・。

スポンサーサイト
  1. 2006/06/21(水) 08:48:19|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<はな&ちゃい! | ホーム | 手作り?>>

コメント

天国への扉

ペットを飼っている以上避けては通れない道ですね。
うちのはまだ1歳半ていどですが、そのときがくることを今からよく考えたりしますね。
自分のときに愛犬が迎えにくるというのは、なかなかよい話ですね。
今後はそう考えて、心の整理をするようにしようかな。
ミューちゃんにお悔やみ申し上げます。
  1. 2006/06/21(水) 22:40:42 |
  2. URL |
  3. るんるん #OARS9n6I
  4. [ 編集 ]

家族ですから、何歳になっても亡くなるのは悲しいし、覚悟がいりますよね
実家のわんこ16歳、今、もうボケて徘徊しています。
いつも、実家から戻る時、次の帰省の時も元気でいてねって思い、実家を離れます
ミューちゃんのお話を読みながら、実家のわんこと母のことを思い出して
胸がいっぱいになりました
  1. 2006/06/22(木) 00:17:24 |
  2. URL |
  3. ふーぷ母 #GsRoKVqY
  4. [ 編集 ]

るんるんさん!

そうですね。
決して避けては通れないんですよね。
ういまめも、強くなりたいと、心から思います。
ただ、気持ちを解ってくれる人が居るのは、心強いですよね。
  1. 2006/06/24(土) 10:42:50 |
  2. URL |
  3. ういまめ #-
  4. [ 編集 ]

ふーぶ母さん!

昔と違い、病院が増え、薬が開発され、ワンコも長生きになりましたよね。
けど、その分、人と同じ病気になるみたいです。
ういまめの実家にも、おばあさん猫がいるのですが、帰る時は、ず~っと長生きしてね。父母をよろしくねと声を掛けます。
せつない。ですよね。
  1. 2006/06/24(土) 10:49:52 |
  2. URL |
  3. ういまめ #-
  4. [ 編集 ]

ういまめママ、ありがとう

今朝、8時40分、愛犬シータが旅立ちました。
月曜日に妹のミューが逝って、シータも一時呼吸が止る、と言う重篤な状態になったのですが、女房の、もう少しそばにいて、と言う願いを聞き入れたのか、苦しさを乗り越えて、僕らの心の準備ができるまで、がんばってくれました。
気立ての良い子でした。
生前、可愛がっていただいた方々に心よりお礼を申し上げます。

今頃は、ミューと再会して、おしゃべりしたり、一緒に駆け回っていることでしょう。

この1週間で、みゅーとシータの姉妹を送ることになったのですが、気持ちの上では、一緒に送れて良かったなあ、と言う感じです。

ネネもシータの死を感じているようで、いつもより良い子にしていますよ(笑)。
  1. 2006/06/24(土) 11:29:45 |
  2. URL |
  3. ねねパパ #TyqeI/Mo
  4. [ 編集 ]

ねねパパ!

そうですか・・・。
シータも旅立ったのですね・・・。
お散歩で会う飼主さんが、ブログを見てくださってて、ミューちゃんの旅立ちに、
沢山、お声をかけてくださいました。
愛犬を亡くす経験がある方は、皆さん、「飼主さん、辛いね・・。その気持ちよく解るよ。」って言われてました。
「仕方ない・・・仕方ないよね・・・」って、自分に言い聞かせるように言われた方も。
ミューとシータは、ず~っと、ねねパパとねね母の心に居てくれます。
沢山注いでくれた、無償の愛情と、共に。
ねねパパの言うとおり、姉ご肌の強いミューが優しいシータと一緒に走り回っている姿が、私にも想像できます・・。
「ねね母、ちょっと心配だけど、ねねパパも居るし、ねねも居るから大丈夫だよね!」なんて、おしゃべりしながら・・・。

  1. 2006/06/24(土) 19:07:38 |
  2. URL |
  3. ういまめ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://williemamezo.blog41.fc2.com/tb.php/41-0b5f8c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。