ウイリー&まめぞう

           Mダックスのウイリーお兄ちゃんとジャックラッセルのまめぞう。 毛色も性格も正反対の二匹の奮闘犬育て日記。 ワンコ服は、左下カテゴリーの ういまめshopからどうぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

願い・・・



スポンサーサイト
  1. 2007/08/12(日) 18:19:36|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<暑いっす~。 | ホーム | 今年の天空まつり~♪>>

コメント

もう・・・なんともいえず、悲しい話ですね・・・・
ワンコには、飼い主は選べない(他の動物達も・・・)選べればどんなにいいか・・・
ういまめさんもご近所の方も、みなさん、心を痛められて、なんとか、助け出そうとされたのに・・・堪らないことですね・・・
アメリカの1部の州では動物警察という組織があって、動物虐待や、きちんと飼われていないという動物をレスキューして、飼い主を逮捕する!。せめて、そんな組織が日本にもあれば!
どうぞ、そのワンチャン、友人の家で、幸せな暮らしをしているように・・・私も祈るばかりです。
  1. 2007/08/13(月) 09:10:44 |
  2. URL |
  3. マーレ母 #N3o4lIaI
  4. [ 編集 ]

悲しい話ですね。
私も、本なんかでそんな話を読んだことはありますが、本当にいるんですね。
そういう人の考え方って理解不能??恐ろしすぎます。
何のために、家族として迎え入れようと考えたのか?そもそものところが???
犬と人間の違いを理解できな異人なんでしょうね、(犬というより、他人のことも
考えられない人なんじゃないかな)
近隣の方々のやさしさがワンちゃんには伝わってるでしょう。
どこかで、幸せに暮らせていることを、願ってます。
  1. 2007/08/13(月) 12:48:34 |
  2. URL |
  3. まりんパパ #-
  4. [ 編集 ]

ほんっーーとーにかわいそう!!
私もこのワンコは時々見かけていて、何で外にいるんだろう?と思っていました。
ワンコはみんな飼い主が大好きなのに、その愛情に対してそんな仕打ちができるなんて・・・信じられないですね。
うちの旦那も、「石でも投げてやりたい!!」と怒ってました。
私もそのワンコの幸せ願ってます。
  1. 2007/08/13(月) 17:22:02 |
  2. URL |
  3. ひー #-
  4. [ 編集 ]

マーレ母!
動物愛護法なんて、かなりひどい事をしないと、適用されないんですよね。
アメリカの動物レスキュー、日本にも出来てほしいです。
動物虐待から始まって、人にまでおよんでいく犯罪も多いのだから・・・
ほんとに悲しくて悔しくて、やりきれないですよね・・・

まりんパパ!
ほんとに、その通りですね。
何かを勘違いされてるというか、人間に対してもきっとそうなのだと思います。
おばあさんと、その娘さん一家。
家族の一人も疑問に思わないというのも、恐ろしい話です。
もう2度と、あのコのような思いをさせて欲しくない。その思いでいっぱいです。

ひーさん!
うん、そうだねっ。石どころか岩を投げつけてやりたい思いです(怒)
表面だけを取り繕っている家族・・・
たった一つの小さな命も大切に出来ないなんてね。
我家では「アダムスファミリー」と呼んでます。
  1. 2007/08/13(月) 21:51:38 |
  2. URL |
  3. ういまめ #-
  4. [ 編集 ]

この前は久々偶然に会えましたネッ(笑)
あの後私も2着買って帰りましたヨォ(^-^)
でで、この話、まぢでほんと実名挙げて訴えたいくらいですね(`´)
詳しい事はわからないんですが今ペット条例が厳しくなってこういう飼い主に対しては虐待されてる子供同様、飼い犬を強制的に引き取る事が出来るみたいなんです(>_<)
私もこのコの幸せをただただ祈ってなりません(;O;)
神様がこのコの未来を見守ってくれてる事を信じてます(T_T)

  1. 2007/08/20(月) 23:59:19 |
  2. URL |
  3. elle'mam #-
  4. [ 編集 ]

エルレママ!
ホント、偶然だったね~!
サイズ大丈夫だった?まめはMじゃ大きいみたい(涙)

このワンコがまだ1歳だった頃、何とか助けたくて、愛護団体や保健所やらに必死に電話したんやけど、あきらかに血を流してるとか、足が折れてるとかじゃないと動いてくれない。
ご飯とお水をあげてるなら、後は飼主の飼い方の自由って言われました。
日本じゃ、まだまだ、犬は「物」なんやね・・・
数回、「譲ってください」って申し出てくれた人がいるんやけど、ガンとして「お断りします」やったみたい。
あの犬は、家族皆のストレスのはけ口やったんやなって思う。
私も、「関わらない方がいいよ」って人の意見に従って、「そんな飼い方はおかしい」って言う勇気がなかった。逃げてたんやね。
一つの命を救う為に、「違う事は違う」って強さを持つべきやった。
この猛暑、口輪されてお水も飲めずに暑い小屋に閉じ込められてるなら、今は何処にいるにせよ、マシだと思う。例え、天国に行ってたにせよ・・・・ね。
私、年齢的には十分大人やねんけど、「違う意味の大人」って事に逃げるのだけは、しちゃいけないなって、つくづく思ったよ。
  1. 2007/08/21(火) 09:14:01 |
  2. URL |
  3. ういまめ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://williemamezo.blog41.fc2.com/tb.php/131-ec4f9642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。