ウイリー&まめぞう

           Mダックスのウイリーお兄ちゃんとジャックラッセルのまめぞう。 毛色も性格も正反対の二匹の奮闘犬育て日記。 ワンコ服は、左下カテゴリーの ういまめshopからどうぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ね~むれ~♪ね~むれ~♪

ねる
スポンサーサイト
  1. 2010/08/19(木) 07:16:19|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まめぞう受難な季節

まめぞう
  1. 2010/08/19(木) 07:01:15|
  2. ワンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥高尾縦走~2

奥高尾2

 本当にこの道で合ってるのか・・?不安になるほど、人と会わない道があります。
 高尾山は、いつも人で混雑してるというのにね。
 暑くて苦しいけれど、木に絡むツタが可愛かったり、クリを発見し秋を感じたり
 山登りって本当に楽しい♪
 鳥の鳴き声を口笛で真似、夫君と競ってみたり(笑)
 普段の生活では味わえない、心のゆとりを持つ事が出来る・・贅沢な時間かも知れません。
 ただ・・・
 息が上がり、汗が吹き出し、足が疲労で重くなっても、誰も私の代わりに登ることは
 出来ない。
 自分で歩き続けるしかない・・
 何だか、生きていくってことと同じなんだな・・
 な~んて、ちょこっと哲学的に考えたりもします(笑)
 色んな思いを巡らせ歩いて、2時間弱で信山山頂に到着~!(写真では信山となってますが×)
 以前は閉まっていてバッジを買えなかった茶屋が、開いていました!
 カキ氷とバッジを購入♪
 下の茶屋には、2匹の看板犬が居ました。
 優しくて、大人しくて、しっかりお仕事をしていた2匹。
 
 さ~て、小仏峠→城山→一丁平を経て、高尾山山頂を目指しますよ~っ!

 景信山山頂からの下りは、稜線に出るまで赤土と岩でツルツル滑ります(汗)
 しかも細い道なので、人が待ってたりすると、焦っちゃっって滑る滑る(汗)
 これは、きっとトレイル方式で、走り下りた方が滑らないのかも!とやってみたら
 ストップが効かず、結局、最期で滑る(笑)
 そんなこんなで、足の疲労もピークになった頃、小仏峠のたぬきさんを通過。
 巻き道(草が生い茂る獣道だった)で城山茶屋に到着し、しばし休憩。
 ビールが待っている~♪と自分を励まし(笑)一丁平の階段を通過。(長い下り階段は
 膝にこたえますーっ)
 
 歩き始めて、およそ7時間弱。
 およそ16~17キロ。
 最終目的地、高尾山山頂に到着ですーっ!!
 
 疲れたけど、こんなにも歩けたんだ!と、自分に感動します。
 そして・・・
 ここまで私を支えてきた、高橋屋のとろろ蕎麦&ビール!!夫君と乾杯で味わいました~!!

 次は、何処の山と出会えるのかな?楽しみですっ!
 
 
 
 

 
  1. 2010/08/18(水) 09:58:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

奥高尾縦走~!

奥高尾
 
 木曽駒が岳から帰り、なおも高まる山への想い(笑)
 お天気が悪そうだったので、近場で、奥高尾縦走にチャレンジしました~!
 
 ルートは、こちらをどうぞ 
 http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=19d94ce465dd2af03f09c8d3dfe282ed

 高尾駅からバスで陣馬高原下バス停へ。
 トレイル、登山、お墓参り(お盆だったので)で、バスは結構混んでました。
 歩き出し舗装路にも飽きた頃、山道で山頂or舗装路で和田峠経由の分岐点。
 迷わず、山道を選択。
 木の根っこで覆われる足元、急な坂、暑さ、息が上がりますーっ(汗)
 こまめに水分補給をしながら、いつもの亀足でゆっくり登ります。
 会話が減る夫婦・・・(笑)
 休憩も入れながら、1時間40分ほどで陣馬山山頂に到着しました~!
 これが写真で見た、真っ白なお馬さんか!撮影、撮影♪
 お尻がとってもキュートでした(笑)
 茶屋でバッジとビールを購入し、持参したおにぎりと豚汁でお昼ご飯~♪
 ここまで登ってきた心の支え、その1、おにぎり(笑)
 風が涼しく吹き抜けて汗が引き、お腹も満たされて生き返りました!
 
 さ~っ、陣馬山から明王峠を通過し、景信山を目指しますよ~っ!!

 木々の隙間からさす光・・吹き抜けていく風・・
 気持ちいい。
 陣馬山では、可愛いきのこを発見しました。
 何タケだろう?もちろん、食べれないよな~?(笑)
 途中、ドドドドーっと音が・・?振り返ると、トレイル軍団さんでした。
 歩いてるだけでもキツイのに、走るなんて私には考えられない(汗)凄いなー。
 いつも、トレイルさんの足音が近づくと、道を譲らなきゃっとドキドキするのは
 私だけでしょうか?(笑)
 陣馬山山頂から、約50分で明王峠に到着!
 茶屋も閉まっていて、風も吹き抜けないので即通過。
 ここからは、ほとんど人に会わず、モクモクと登り下りを繰り返します(汗)

                               ・・・つづく
 
 
 
  1. 2010/08/18(水) 09:25:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木曽駒が岳 観光

名称未設定-1
 
 ハイシーズンで宿泊希望日から1週間前・・・
 宿を探すも、ココは!という所は満室(汗)
 二人静さんも、満室&我家のお財布じゃ無理ーって部屋のみで諦めてました。
 何年ぶりかの温泉。ぜーったいに入りたいーっ。
 夫君が見つけた旅会社のお勧めプランに、二人静さんの空室発見!
 チェックイン前に車を停めさせてくれ、着替えをさせてくれ、ロープウェイが動き出した時は
 急いで歩いて行こうとする私達を、バス乗場まで送ってくれました!
 何て、親切なんだーっ。
 楽しみにしてた温泉も、お湯はいい!すべすべ肌なった!露天風呂の広さも満足!と嬉しいっ。
 食事も、特に豪華ってわけじゃないけど(私達のプランは)一つ一つが、とても美味しかった!
 是非、またお世話になりたいと思いますっ(^^)/

 バスと言えば・・・
 かなり急な細い道を、ゆっくり登っていきます。運転手さんの腕次第とは、このことだな~。
 バスの中、ロープウェイ、千畳敷と話かけてきた方は、全て関西人でした(笑)
 人懐っこい関西人が懐かしく、可愛く感じたりして(笑)

 霊犬「早太郎」が祭られてる光前寺。
 早太郎のお墓もありました。「我家の2匹が元気で長生きしてくれますように・・・」
 「あっ!ロープウェイも動きますように・・・」
 そんなことお願いされてもなーっと、早太郎は思ったことでしょう(笑)
 でも、叶えてくれましたっ。ありがとう!早太郎!

 東京への帰り道、古い宿場町「奈良井宿」へ寄ってみました。
 夫君が我家のリサーチ番長でよかった(笑)
 古い町並み・・どのお宅にも「○○屋」とありました。木の表札に「床屋」とだけあったお宅。
 床屋さんなのか、お名前なのか・・?
 何処を撮っても画になる町です。
 漆が有名みたいで、漆器・アクセサリーなど素敵だった。あの純和風な町並みだからこそ余計に
 素敵に見えたのかな。
 
 一軒の軒下にまあるいワラボールみたいなものが?
 TVで観たぞっ!
 確か、新酒が出来た時だか、よいお酒が出来た時だかにぶらさげてたような・・・
 ワラボール(本当は何ていうの?)が大きいほど、出来がイイ!だったような・・・
 入ってみると、お酒のよい香り~♪
 迷わず!原酒をゲット!!!
 氷を入れて飲んでもいいんだって~♪邪道じゃないんだよぉ~♪

 登山で高ぶった心を、落ち着かせてくれた時間となりました。

 ただね・・・

 ワンコを連れてる人を見ると、ついつい2匹を思い出し「どうしてるかな~?ちゃんとお留守番出来て
るかな~?」とナイーブになったりして(汗)
 たった1日なのにね(笑)
 お世話に来てくれたワン友さんが、2匹の状態と「2匹は大丈夫だから、楽しんで来て!」とメールを
 くれ安心して楽しめました!感謝です!

 山は、一人の力で登るしかない・・でも、生きていくのは、沢山の人の力で支えられてるんだな・・
 と感じた旅でもありました。
 
 次は、何処の山にお邪魔しようかな?どんな出会いがあるかな?何を感じるかな?

 楽しみです!

 
 
 

 
  1. 2010/08/12(木) 19:04:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

木曽駒が岳 後編

木曽駒が岳

 千畳敷カールを登り始めた時、実はちょっと不安でした(汗)
 だって・・・こんなに切り立った岩だらけの山を、果たして登れるんだろうかと。
 でも、急な岩坂は、足を置く場所を注意し、次の足場を考え、一歩一歩ゆっくりと登って行く。
 気がつくと、山頂!?だったのです(笑)
 乗越浄土で、山ガール達が「すっごい可愛いですね~!」と一人の服に湧いていた。
 確かに可愛かった!参考にしようと思った(笑)
 でも・・・
 せっかく山の景色があるのに、そっちは感動しなくてもいいの?とおせっかいに思ってしまった(汗)
 
 中岳から一旦下り、駒ケ岳山頂まで登る。登って下って登る・・・
 秦野市の大山登山は、ひたすら登る・登る・登るーっだったので、今回の稜線歩きは楽しかったかな。
 途中、苦しくなった時に「温泉!ビール!温泉!ビール!」と掛け声で登ってたら、おじさんに笑われた(汗)
 
 そんなこんなで、駒ケ岳山頂に到着ー!!
 駒ケ岳山頂では、雲の上に顔を出す山々を期待していたけど、ガスって真っ白(涙)
 残念だったけど、ちょっと感動して泣きそうになった(笑)
 自分の足で来たんだ・・・来れたんだ・・・という思い。 
 ゆっくりしていたかったけど、ロープウェイの最終時間までに下山しなければ!
 自分で感じる以上に、私の足は疲れていたようで(汗)何度も躓いた。
 下山はついスピードがでてしまう。けれど、一歩踏み間違えれば滑落(恐)
 慎重に確実にと言い聞かせながら、下山しました!

 千畳敷のお花畑を1周(結構広いのです)し、ロープウェイ乗り場へ到着~♪
 順番待ちの間、夫君とビールで乾杯~♪
 
 ありがとう!お邪魔しました!木曽駒が岳!
 
 
 
  1. 2010/08/12(木) 16:46:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

木曽駒が岳 前編

木曽駒2
 
 深夜に自宅を出発し、車を走らせること3時間。
 やって来ました!木曽駒です!
 宿に車を停めさせていただき、急げ!ロープウェイ乗り場行きのバス停へ。
 ところが・・・
 な・なんとーっ、ロープウェイが始発から運転を見合わせてるいるとのこと。
 ボタンを押すと、非常停止ボタンが作動するらしい・・・恐すぎる~(汗)
 復旧の見込みなし・・・今日は動かない・・・明日も分からない・・・
 早朝から並んでいた人、ロープウェイ乗り場で待っていた人達が、次々と帰って行きます。
 私達からは、千畳敷カールが見えているのにーっ(涙)
 ずっと楽しみにしていた夫君も、テンション下がっちゃって可哀想。
 暫く待っていたけど、動かない物は仕方ない。と、いうか、原因不明で動かされても困る(汗)
 
 気分を変えて、霊犬の伝説と光苔で知られる、光前寺に歩いて行くことに!
 村を救った霊犬、早太郎に「どーか、ロープウェイが動きますように。」と手を合わせる。
 旅館に戻り、山服を着替た所で「動きました!!」との一報が!
 慌てて、また着替えをし無事バスに乗ったのでした~。
 
 そんなドタバタな思いで辿り着いた「千畳敷カール」
 すっごい迫力です!
 そびえ立つ山。岩だらけの坂。青い空。可憐な花々。
 本当に、来たんだ・・・
 お昼近くになってしまってたので、先を急ぎながら登り始めます。
 急な坂。岩だらけの坂。出来るだけ歩幅を狭く低くと、足を置く岩を選びながらの登りです。
 無心になって登っていたら、乗越浄土に到着していました!
 不機嫌になってる自分・・?あっ、お腹が空いてたんだ(笑)
 宝剣岳を眺めながら、軽い食事(カツサンドを2切れ)をし、木曽駒山頂を目指します!
 
 次回へ続く・・・
 
  1. 2010/08/11(水) 20:24:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。